予期していなかった非公開求人の紹介で決意した薬剤師の転職

専門薬剤師の資格を取って最先端の医療現場で活躍したい!

専門薬剤師の資格を取って最先端の医療現場で活躍したい! | ターゲットを絞った転職活動 | 給料よりもやりがいを重視 | エージェントの後押しとフォローが強い味方

薬剤師としてキャリアアップ志向が強かったのが私の特徴であり、最初の就職先として大学病院を選びました。
その時点ではまだ漠然としていましたが、専門薬剤師の資格を取って最先端の医療現場で活躍できるようになりたいと考えての決断でした。
あまり給料が高くない割に忙しいから大変だとは聞いていましたが、大学病院ではセミナーなどの機会も多くて知識をつけるのにはうってつけだったのは確かです。
そして、キャリア支援の制度を利用して給料が支給されるままの状況で専門薬剤師の教育を受けることができ、無事にがん専門薬剤師になれました。
これで大学病院で働く上での目標は達成できたので、必ずしもここに残る必要がなかったのは確かです。
がん治療にもともと興味を持っていたので、もっとがん治療を積極的に行っている病院に転職しても良いと考えるようになりました。
不運なことにその大学病院では、あまり治療がうまくいかないケースではすぐに転院を進める傾向があったのです。
仕事があまりに忙しかったので転職活動を本格的に行う余裕はありませんでした。